TrainWeb.org Facebook Page
Amtrak - Las Vegas, NV (LVS)



LAS VEGAS
NEVADA
(LVS)


アムトラックの旧ラスベガス駅は 「Plaza Hotel」 の裏手の分かりにくい所に位置し、発見するのに苦労しました。 私が訪れたのは2001年5月で、すでに廃止から4年が過ぎていました。 線路沿いを走り、いくつかのホテルに入りフロントで 「昔のアムトラックの駅の場所をご存知でしょうか」 と聞いてまわったのですが、 誰も知らなくて困ってしまいました(フロントの人も困っていた)。 しかし苦労の甲斐あって、バスターミナルに近い小さなモーテルでやっと知っている人に会えました。 最初このモーテルに入ってフロントの人を見たとき、若い女性だったので 「これは望み薄だ」 と思ったのですが、「たしかプラザホテルの裏にあったはず」 と貴重な情報を教えてくれました。 良く見るとかわいらしい女性で、今夜はここに泊まろうかという邪心が沸き起こりましたが、グッとこらえて 「ありがとうございました」 とだけ言い、プラザホテルの裏へと向かいました。 

プラザホテルとすぐ隣にあるバスターミナルの間を抜けると金網越しに線路が見えてきました。 その線路に沿ってプラザホテルの裏手に回ると、「Las Vegas NV.」 と書いてある平屋の建物が目に入り、その横には消えかかった 「Amtrak」 の文字もあり、思わず 「これだー」 と低いうなり声を出してしまいました。  日も暮れかかっていたので、急いで観察を始めました。 駅の待合室だったと思われるところは覗いても真っ暗で何も見えなかったのですが、その横にある出入り口を覗くと、ホテルのウェイターが忙しそうにパーティーの準備をしていました。 出入り口からホテル内部が見えるということは、この駅は当時ホテルと直結していたのでしょうか。 駅舎の前の金網にはアムトラック時代の警告板が掲げてありました。 直訳すると「列車内の公共の場で飲酒をするためのアルコールを列車に持込むことを禁止します」となります。 回りくどい表現ですが、要するに酒類を列車に持ち込んでコーチ車やラウンジカーなどで飲むな、ということです。 この看板と先に書いた消えそうなアムトラックの文字が、私がここで見つけた 「アムトラックもの」 となっています。 再びバスターミナルの横を抜け、今度はホテルの正面へと向かいます。 そういえばこのバスターミナルはグレーハウンドバスなどの長距離バスが発着するターミナルで、不夜城ラスベガスに相応しく、24時間営業をしています。 プラザホテルの正面は眩いばかりのネオンがきらめき、裏手にあったアムトラックの駅と比較すると、まさに 「明と暗」 という言葉がぴったりと当てはまる関係でした。

プラザホテルの正面を見終わったので、これで私の目的は果たしました。 滞在時間30分、見た場所、アムトラックの廃駅のみ。 まあ、ラスベガスはまた来る機会があると思うので、その時はもっとゆっくりしたいですね。 あわただしかったラスベガス滞在を終え、次の目的地であるユタ州へと向かうためハイウェイ15号線を北上しました。 延々と続く登り勾配を走っていると、バックミラーに宝石のように輝いているラスベガスの夜景が見えました。 人間の欲望が放つ邪悪の光に違いないですが、それは見とれるほどに美しく、よそ見をしていた私は危うく路肩へ突っ込みそうになりました。

1997年にアムトラックの列車は廃止になってしまいましたが、その後アムトラックがラスベガスとロサンゼルスを結ぶ列車を復活させるという話を聞き、2000年には運行開始かと言われていたのですが、結局いまだに実現していません。 現在はアムトラックとは別にビクタービルとラスベガス間の約300kmを時速240kmで結ぶ高速鉄道(DesertXpress)の計画が進行中ですが、こちらも具体的な開業時期が決まっておらず、未だ不安定な状態です。 ラスベガスまでの列車がいつ復活するか分からず、やはり 「鉄道のない街ラスベガス」 かというと、そういう訳ではありません。 実はラスベガスには4本のモノレールが存在しています。 その内3本のモノレールはホテル間を結ぶための短距離のものですが、一番距離の長い1本は元々あった短い路線を大幅に改良・延伸して、2004年7月15日に 「ラスベガス・モノレール」(Las Vegas Monorail)として開業しました。 このモノレールだけ運賃が必要で、営業キロは6.4キロとなっています。 この路線はさらに延長する計画があり、ラスベガス空港にも乗り入れを予定していて、ラスベガスの鉄道の期待の星です(しかし営業成績は良くないようです)。 これら4本のモノレールの分かりやすい路線図を "Vegas.com" というホームページで見付けましたので、ご覧になりたい方はこちらからどうぞ。 

再訪
2011年11月にラスベガスを再訪しました。 目的は旧アムトラック駅の現状を調べるためです。 前回の訪問でプラザホテルの裏ということは分かっていたので、まずはホテルに直行、バスターミナルの脇を抜けて線路際へたどり着きます。 1回目の訪問から10年が経っていますが、周辺に変化はないようです。 そのまま旧駅の方に歩いて行くと、呼び止める声がします。 後ろを振り返ると2人のセキュリティースタッフが仁王立ちになっていました。 「ここで何をしているかね?」、「1997年に廃止になった旧アムトラック駅の調査をしています」、「ここは一般の方は立入禁止です」、「駅舎の写真を撮ってもいいですか?」、「我々にはその許可を出すことは出来ない」、というやり取りの後、無線機で、「はい、確保しました、裏口からロビーに廻します」、などと話しています。 「私はこれからどうなるのだろう」と少々心配になりましたが、ホテル裏にある非常ドアより内部に連れ込まれ、そこで解放されました。 こんなことがあったので、旧駅舎の写真は諦めても良かったのですが、「線路の反対側からなら撮れるかも」という案が頭の中で浮かびました。 それでは行ってみようと、ガードをくぐり線路の反対側にたどり着きます。 ここで線路際に近付こうとすると、浮浪者が寝ながらジロリとこちらを見ています。 あまり良い雰囲気ではありませんが、こちらも信念をかけて駅舎写真を撮ろうと必死なので、構わずその脇をすり抜けて線路際へ、そして旧駅舎を拝むことが出来ました。 やっと見ることが出来た旧駅舎でしたが、特に変化はないようです。 

 

駅情報:

所在地

Plaza Hotel, 1 North Main Street
Las Vegas, NV 89101

Map

経緯度

北緯36.17度 西経115.15度

標高

620

人口

583756人 (2010年統計)

近代駅舎、1980年代に建造

現在状況

プラザホテルの施設

 

アムトラック列車情報:

列車名 経路

DESERT WIND

[ Chicago, IL - Denver, CO - Salt Lake City, UT - Los Angeles, CA ]
1997年5月10日廃止

 

都市鉄道(観光鉄道)情報:

名称 種別 / 経路

Las Vegas Monorail

モノレール [ MGM Grand - Sahara Hotel ] (2004年7月15日開業)

Monorail (ホテル間輸送)

運賃無料

モノレール [ Mirage - Treasure Island ] (運行時間: 7AM - 2AM)

モノレール [ Mandalay Bay - Excalibur ] (運行時間: 7AM - 2AM)

モノレール [ Bellagio - Monte Carlo ] (運行時間: 7AM - 10:30PM)

Las Vegas Airport

空港交通 (新交通システム)-運賃無料



2011年11月再訪

Photo 01 Photo 02

プラザホテル
2011年11月26日

プラザホテル正面玄関
2011年11月26日

Photo 03 Photo 04

駅舎ホーム側(全景)
2011年11月26日

駅舎ホーム側
2011年11月26日

Photo 05 Photo 06

ロサンゼルス方面(南方向)をのぞむ
2011年11月26日

ソルトレークシティー方面(北方向)をのぞむ
2011年11月26日

2001年5月訪問

Photo 1 Photo 2

駅舎ホーム側
2001年5月15日

 

駅舎ホーム側
2001年5月15日

Photo 3 Photo 4

駅舎はプラザホテルの裏に位置していた
2001年5月15日

プラザホテル正面玄関
2001年5月15日

Photo 5 Photo 6

「Amtrak」 の文字がかすかに残る
2001年5月15日

アムトラックの警告板
2001年5月15日

Photo 7 Photo 8

ロサンゼルス方面(南方向)をのぞむ
2001年5月15日

ソルトレークシティー方面(北方向)をのぞむ
2001年5月15日



ホーム側からアムトラック駅舎をのぞむ (1982年11月28日)


|     駅検索ページ    |    廃駅のページ    |    ネバダ州の駅    |

|     アムトラックのページ    |     ホーム    |