TrainWeb.org Facebook Page
Amtrak - Sparks, NV (SPX)



SPARKS
NEVADA
(SPX)


注記:
カリフォルニア・ゼファー号は2008年11月1日よりスパークス駅には停まらなくなりました。 今でもユニオン・パシフィック鉄道の事務所として健在ですが、アムトラックの駅としての籍はなくなりましたので、「廃止駅」に分類されます。

この駅は探すのに苦労しました。 なぜか? アムトラックの時刻表には駅の所在地が載っていて、私はそれを頼りに駅訪をしていますが、このスパークス駅の所には 「Union Pacific Railroad Yard」 となっています。 最初は何も考えなっかたのですが、このユニオン・パシフィック鉄道のヤードに行ってみると、なんと広大な土地か。 しかもヤードは多くの貨車で埋め尽くされていて、見通しも利きません。 その他のこの駅の情報としてはは、リノ駅の3マイル東ということぐらいしかありません。 とりあえずヤードを一周してみましたが、やはり駅は見つかりませんでした。 ガソリンスタンドで周辺の詳細地図を買い、再度探し始めます。 ちなみに、ガソリンスタンドの若い店員に駅の所在地を聞いてみましたが、「知らない」 と冷たく言われました。 ヤードの2周目、やはり見つかりません。 ヤードの近くまでは今走っている一般道から細い枝道がいくつも入っているのですが、そのほとんどは関係者以外立入禁止で、フェンスで塞がれています。 アムトラックの駅周辺の道路には、機関車とプラットホームをデザインした駅まで案内する緑色の表示板が立っていることが多いのですが、ここではそれも見当たらず、ひょっとしたら、アムトラックの乗客以外は入れないような特別な入口があるのだろうか、とも思いました。 3周目になると、疑問から怒りへと変わっていきます。 「なぜないのだ、何処にあるんだ。」 人に聞きたくても、誰も歩いてないのですよ。 そして、ひらめきが。 ホテルのフロントならば知っているかもしれない。 ホテルから駅までの送迎なんかをやっている可能性は大です。 そして、ヤードとハイウェイ80号に挟まれたところに建つ比較的大きなホテルへと入っていきます。 フロントで、「アムトラックのスパークス駅はどこですか」 と聞くと、「わからないなぁ」 と言われガッカリ。 でもそのフロントマンは 「私は知らないけど、外にいるシャトルバスの運転手なら知っているよ」 と教えてくれました(最初からそう言ってよ)。 その運転手に教えてもらった駅の場所は、そのホテルからすぐ近くでした(Nugget Avenue と 11th Streetがぶつかったあたり)。 でも、その駅への入口を見て、「これは分からないはずだ」 と呟きました。 一般道からの入口は、非常に分かりにくいレンガ造りの倉庫の裏にある砂利道で、その砂利道をS字にしばらく進むと、ヤードの引込線とぶつかります。 どう見ても関係者以外立入禁止の場所ですが、そのような表示はなかったので、構わずその引込線をまたいで直進すると、管制塔のようなものが付いた木造の建物に突き当たります。 プラットホーム側に出て駅舎を眺めると、その側面には 「SPARKS」 と書かれていました。 リノの駅前にはカジノが建ち並んで賑やかだったので、てっきりここスパークスの駅前もそれなりに栄えていると思っていたのが失敗でした。 まさかこんなヤードの事務所のような場所にあるとは想像外でした。 ここスパークスとリノの関係は密接していて、両駅間はわずかに5キロ。 大都市圏を除き、アムトラックの長距離列車の駅間が5キロというのは稀です。 この駅のひとつ東隣のワイネマッカ駅までが約300キロというのも、また対照的で面白いです。 私は最初、カジノ街はリノを中心にここスパークスまで広がっていて、そのためカジノへのお客の利便性を考慮し、リノのわずか5キロ東という至近に係わらず駅を設置した、と考えていたのでした。 しかし実際には、この駅は単に補給のための駅としてだけに存在しているように見えました。 ここはアムトラック係員のいない無人駅ということもありますし、カジノ目的のお客は有人駅でもあるリノ駅を利用しているのでしょう。 こんな殺風景の駅なので、州都のサクラメントとを結んでいるアムトラックバスは、このスパークス駅までは来ません。 この駅のすぐ西側にある大きなカジノ・ホテル 「The Nugget」(ザ・ナゲット)が、アムトラックバスのスパークス発着所になっています。 このホテルは大きいのでスパークス駅からも見えます。 多分歩いても15分くらいで着くのではないかと思います。 もちろんホテルに電話をすれば車で送迎をしてくれると思いますが。 「ナゲット」 と聞くと、チキンの揚げたものを連想してしまいますが、もともとナゲットとは 「金塊」 という意味があります。 この 「金塊」 という名のホテルの南側の窓からは、私を迷わせたユニオン・パシフィック鉄道の大きなヤードを望むことが出来ます。 アムトラックの列車の発着や、貨物列車の往来が見え、鉄道ファンにはお勧めのホテルかもしれません。

 

駅情報:

所在地

Union Pacific Railroad Yard
Sparks, NV 89431

Map

経緯度

北緯39.54度 西経119.75度

標高

1347m

人口

90264人 (2010年統計)

駅舎

木造駅舎(タワー付き)

現在の状況

UPの事務所として健在

 

アムトラック列車情報:

列車名 経路

CALIFORNIA ZEPHYR

[ Chicago, IL - Denver, CO - Salt Lake City, UT - Emeryville, CA ]

2008年11月1日よりスパークス駅には停まりません



Photo 01 Photo 02

駅舎正面
2003年6月28日

駅舎(ホーム側)
2003年6月28日

Photo 03 Photo 04

管制塔のような信号所
2003年6月28日

駅のすぐ西側にあるホテル「ザ・ナゲット」
2003年6月28日

Photo 05 Photo 06

シカゴ方面 (東方向)
2003年6月28日

エマリービル方面 (西方向)
2003年6月28日




|     駅検索ページ    |    廃駅のページ    |    ネバダ州の駅     |

|     アムトラックのページ    |     ホーム    |