TrainWeb.org Facebook Page
Amtrak - Vermonter



VERMONTER
Washington, DC - St. Albans, VT
605 miles / 973 km


バーモンター号の歴史は1972年に始まります。 登場当時はワシントンDCとカナダのモントリオールを結ぶ国際列車でした。 名称もモントリオール行きが「モントリオーラー」(Montrealer)、ワシントンDC行きは「ワシントニアン」(Washingtonian)と呼ばれ、寝台車を連結した夜行列車でした。 そのあと列車名が「モントリオーラー」へ統一されたり、途中経路が一部変更になったりしましたが、1995年までは大きな変化はありませんでした(1987年秋~1989年秋の間はバス運行のみで列車運行はなし)。 1995年、モントリオーラー号はカナダのモントリオールへの乗り入れを廃止し、バーモント州セント・アルバンズ止まりの国内線となり、列車名も「バーモンター」(Vermonter)へと変更、運行時間も昼行へと変わりました。 列車はモントリオールへ行かなくなりましたが、廃止された区間にアムトラックバスが連絡していたので、国際列車としての役割は持ち続けました。 その連絡バスも2004年に廃止、そのあと試験的に一時復活したこともありましたが、結局は廃止され、今では国際列車としての面影はありません。 

バーモンターとはバーモント州の人々という意味で、その列車名の通りバーモント州を南北にカバーしています。 バーモンター号はバーモント州北部の町セントアルバンズとワシントンDCを結ぶ列車で走行距離は983キロあり、昼行列車にしては中々の長距離選手です。 ニューヨークではなく、ワシントンDCまで乗り入れているのも面白い特徴です。 バーモント州内の走行距離はルートの3分の1しかありませんが、この列車はバーモント州の援助を受けて運行されています。 基本編成は機関車1台(P42、フェイズⅤ塗装)を先頭に、短距離用のアムフリートⅠ客車のカフェカー1両、そして同じくアムフリートⅠのコーチ車4両と続きます。 この列車にはビジネスクラスもありますが、車両のどこに割り当てられているのかは分かりません(通常はカフェカーの半分をビジネスクラスシートとしています)。 私が見たときは最後尾の客車はキャブカー(制御車)が連結されていましたが、これはスプリングフィールド~アマーストの途中にあるパルマー(Palmer)という地点で進行方向が変わるための処置かと思います。 この列車は平日と土日・祭日で時刻が若干変わります。 変更時間は10分~40分ほどなのでそれほど影響しませんが、平日(月-金)はメトロパーク駅が通過になるので注意してください。 バーモンター号は乗車の際に予約が必要です。 

最近、バーモント州からバーモント号の改善計画が出されました。 これはバーモント州でディーゼルカーを購入し、機関車牽引のアムフリート客車での運行を中止し、運行コストの削減を図るというものです。 この計画ではディーゼルカーはニューへブンとセントアルバンズを結び、ワシントンDC(北東回廊線)への乗り入れは廃止される予定です。 これが実現すればアムトラックにディーゼルカー運行の列車が久々に復活することになります。

追記: 2014年12月29日、バーモンター号のルートが変更されました。 旧ルートはパルマー(Palmer)という地点で進行方向が変わり、遠回りになっていました。 駅ではないパルマーでのスイッチバックを解消するため、グリーンフィールド(Greenfield)を経由する新ルートに変更されました。 実はこのルートは1987年までバーモンター号の前身であるモントリオーラー号(Montrealer)が使用していたルートなので、オリジナルに戻ることになります。 グリーンフィールド経由の路線は保線状態が悪くパルマー経由に変更になったのですが、この度路線改良が実施されアムトラックが復帰することになりました。 この新ルートでもスプリングフィールドで進行方向を変える必要がありますが、施設の整ったスプリングフィールドでする方が時間の短縮です。 それにスプリングフィールドではどの列車も停車時間が長いので、その点は問題ないでしょう。 新ルートに変更されたため、旧ルート上のアマースト駅は廃止となりました。

追記2: 2016年8月に新ルートになったバーモンター号に乗ることが出来ました。 一番興味のあったスプリングフィールドで進行方向変更ですが、駅での進行方向変更は行われていませんでした。 北行き列車ではまずスプリングフィールド駅にそのまま進入、出発は今来た道を戻るように南側(ニューヘイブン寄り)に機関車後部のまま後進して一旦停止、進行方向を変えて機関車先頭で北進する。 南行き列車はその逆で、一旦スプリングフィールドを通り過ぎるように南側へ直進し一旦停止、機関車後部のまま後進してスプリングフィールド駅に進入、出発は機関車先頭でそのまま南進します。 アルファベット「r」の字形の動きをイメージすると分かりやすいかもしれません。 「r」の右端部分にスプリングフィールド駅が位置します。 アメリカの大きな駅ではこの推進運転方法を良く使います。 この方法の利点は編成の進行方向が同じになるので、車内の座席の向きが変わらないことです。 車内のアナウンスでも「後進で駅に進入します。 いつも行われている方法です。」と説明していました。 私ははしゃいで写真を撮りまくっていましたが、他の乗客はこの推進運転に全く無関心でした。 日本では上野駅の推進運転が有名でしたが、カシオペアも廃止になりもう推進運転はなくなってしまったのでしょうか。 

Train Consist

Train Gif: Alex Stroshane of Amtrak Prototype & Model

 

編成実例 - Vermonter の車両番号

July 3, 2006: Train #56

at Randolph, VT

↑ St. Albans, VT

P42 Locomotive   152
Business/Cafe (Amfleet I)   48160
Coach (Amfleet I)   82550
Coach (Amfleet I)   82556
Coach (Amfleet I)   44694
Cab/Coach (Amfleet I)   9649

Vermonter at Randolph, VT

 

 

バーモント州ランドルフ駅に進入するバーモンター号セントアルバンズ行き。 右側の旧駅舎はレストランに使用されているので、反対側にプラットホームを新設しています。 この時の列車は後部にキャブカーが連結されていました。

 

 

 

列車情報:

運行区間

Washington, DC - St. Albans, VT

Map

距離

983 km / 611 miles

運行日

毎日

所要時間

12時間47分 (北行き列車)

使用車両

アムフリート

編成

ビジネスクラス、コーチ、カフェカー

 

停車駅情報:

停車駅

時間帯

距離

標高

備考

St. Albans

VT ET

0 mi

 119 m

 

Burlington - Essex Jct.

VT ET

24 mi

108 m

 

Waterbury - Stowe

VT ET

47 mi

 128 m

 

Montpelier - Barre

VT ET

56 mi

160 m

Montpelier はバーモント州の州都

Randolph

VT ET

86 mi

213 m

 

White River Junction

VT ET

118 mi

111 m

 

Windsor - Mt. Ascutney

VT ET

131 mi

 101 m

 

Claremont

NH ET

 140 mi

143 m

 

Bellows Falls

VT ET

157 mi

93 m

 

Brattleboro

VT ET

181 mi

69 m

 

Greenfield

MA ET

205 mi

61 m

2014年12月29日開業

Northampton

MA ET

224 mi

41 m

2014年12月29日開業

Holyoke

MA ET

235 mi

27 m

2015年8月27日開業

Springfield

MA ET

 245 mi

 20 m

進行方向変更駅

Windsor Locks

CT ET

260 mi

9 m

 

(Windsor)

CT ET

265 mi

 17 m

通過

Hartford

CT ET

271 mi

21 m

コネチカット州の州都

Berlin

CT ET

282 mi

 19 m

 

Meriden

CT ET

289 mi

44 m

 

Wallingford

CT ET

305 mi

24 m

 

New Haven

CT ET

308 mi

6 m

Shore Line East、Metro North と共用

Bridgeport

CT ET

321 mi

5 m

Shore Line East、Metro North と共用

Stamford

CT ET

 344 mi

 6 m

Shore Line East、Metro North と共用

(New Rochelle)

NY ET

361 mi

23 m

通過、Metro North と共用

New York - Penn. Station

NY ET

379 mi

 12 m

NJ Transit、LIRRと共用

Newark

NJ ET

390 mi

5 m

NJ Transit と共用Newark, DE と同名駅

(Newark Airport)

NJ ET

393 mi

 6 m

通過、NJ Transit、AirTrain と共用

Metropark

NJ ET

404 mi

17 m

土日のみ停車、NJ Transit と共用

(New Brunswick)

NJ ET

412 mi

12 m

通過、NJ Transit と共用

(Princeton Junction)

NJ ET

427 mi

21 m

通過、NJ Transit と共用

Trenton

NJ ET

437 mi

 12 m

NJ州の州都、NJ Transit、SEPTA と共用

(Cornwells Heights)

PA ET

453 mi

12 m

通過、SEPTA と共用

(North Philadelphia)

PA ET

464 mi

30 m

通過、SEPTA と共用、地下鉄乗換駅

Philadelphia - 30th Street

PA ET

470 mi

6 m

SEPTA と共用、地下鉄・トロリー乗換駅

Wilmington

DE ET

496 mi

10 m

SEPTA と共用

(Newark)

DE ET

508 mi

 27 m

通過、SEPTA と共用Newark, NJ と同名駅

(Aberdeen)

MD ET

534 mi

24 m

通過、MARC と共用

Baltimore

MD ET

564 mi

27 m

MARC、MTA Light Railと共用

BWI Airport

MD ET

575 mi

24 m

MARC と共用、空港への無料シャトル有

New Carrollton

MD ET

596 mi

33 m

MARC、METROと共用

Washington

DC ET

605 mi

15 m

VREMARCと共用METRO乗換駅

アムトラックの駅のみ全駅掲載で、都市部のコミュータートレインの駅は省略しています。
(  ) の駅はバーモンター号の通過駅です。


|     駅検索ページ    |    アムトラックのページ    |    ホーム    |